お父さんの作るゲーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あばかす」で思う(その1)

<<   作成日時 : 2012/05/12 01:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

会社の飲み会で、先輩の発言。
「便利な世の中になったよな。難しいことはみんな機械がやってくれる。
 面倒な計算もパソコンが簡単にやってくれるし・・・
 俺の学生の頃は、まだ研究室に『ぐるぐるチーン』て奴があったもん。」
彼の言う『ぐるぐるチーン』とは、たぶん「手廻計算器」のことだと思います。

私自身は『ぐるぐるチーン』を使ったことはないのですが、
子供の頃、何かの本(学研の「学習と科学」だったか・・・)で読んだことがあって知っていました。
足し算、引き算の他、掛け算、割り算もできてしまう優れもので、
電卓の無かった時代の計算機です。

さて、『電卓』も『ぐるぐるチーン』も共に計算機ですから、
両者とも、面倒な手計算をせずとも答えが出てくるわけで、
計算を生皮する装置という点では同じです。
しかし、計算を実感するという点において、両者には大きな違いがあると思うのです。

『電卓』はいきなり答えが出てくる。
だから、電卓をどれだけ操作しても、計算方法そのものを理解することはできません。
しかし、『ぐるぐるチーン』は手計算の過程と機械の操作方法が対応しています。
だから、機械の操作を理解できるということは、手計算の方法を理解できるということになります。

この『ぐるぐるチーン』の掛け算機能だけに絞っておもちゃ化したものが、
「あばかす」に登場する、青色のかぎ出し装置です。
今回、ゲーム下に「電卓不要」と書いたのは、「電卓不要なほど計算が簡単」という意味ではなく、
「ゲームに出てくる装置が、電卓の代わりそのものだ」という意味です。

この装置の使い方は、ゲーム進行中に、段階的にわかってもらえるように配慮したつもりですが、
なかなか難しかったかもしれません。
百回以上ぐるぐるされた方、お手数おかけしましたが、
私としては、そういう方にこそ、ぜひリプレイしていただきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あばかす」で思う(その1) お父さんの作るゲーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる