お父さんの作るゲーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 脱出ゲームと日本人

<<   作成日時 : 2011/05/03 17:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

脱出ゲーム紹介サイトは国内外に数多あるようですが、
とりわけ、EscapeGames24というサイトさんは、紹介掲載の早いこと早いこと・・・
このサイトの紹介から、情報が世界各国に飛び火していくようです。
こういった情報収集能力の高さにアメリカの底力を思い知ります。

このサイトを通してわが国を見てみますと、どうやら脱出ゲーム発信数は非常に多いようです。
この背景には、脱出ゲームブームの火付け役が日本人だとか、
脱出ゲームを作るのに便利なフリーソフトが日本にはあるとか、
そんなことがあるのでしょうけれども・・・

脱出ゲームというのは単純なゲームです。
脱出ゲームには、基本的に四角四面の空間があって、
プレーヤーはその閉じ込められた空間から抜け出す。ただそれだけ。
ストーリー等は脱出ゲームには付随的なものだと思っています。

脱出ゲームはどこか俳句に似ていると思っています。
俳句には、基本的に五七五の決められた字数があって、
詠み手はその字数の中に季節を詠む。ただそれだけ。
心情の表現等は俳句には付随的なものだと思います。

これは自覚のあることなのですが、
私は、制約のある仕事を上手くこなすのが得意だと思っています。
この檻の中にいるような感じに、かつては劣等感を持ったこともありましたが、
最近はそう思うことも少なくなりました。
制約の中にオリジナリティを見出す。
ひょっとすると、海外の方はそこにジャパニーズクールを感じるのかもしれません。

 連翹(れんぎょう)に一閑張の机かな     子規

仕事場では、些細な変化を感じ取る技術者の感性を大切にしたいと思っています。
そして趣味では、シンプルで無駄の無い脱出ゲームを作れたらいいなと思っています。
これは希望というか願望。簡単じゃないですよね。
次回作がまだまとまらない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脱出ゲームと日本人 お父さんの作るゲーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる