脱出ゲームの環境変化

「生き残る生き物は、強い生き物ではなく、変化に対応できる生き物だ」
といったのは、ダーウィンなのでしょうか?
事の真実はよくわかりませんが、私も環境の変化に直面しています。
子供の成長、会社での役職、父の他界・・・
こういった環境の変化に順応しようとするのが、生き物の務めかと思っています。

脱出ゲームを取り巻く環境にも目を向けて見ますと、
こちらにも最近変化があると感じています。
私がゲームを作ってみようと思い立った3年前と、状況が変わってきたように思います。
作り手の思惑も、プレイヤーの好みも、動作環境も・・・

当時の脱出ゲームというのは、荒削りなところがあり、
クリックポイントが厳しかったり、マニアックな謎解きというのも多く、
「これは解らん」というような、理不尽なゲームも結構ありました。
そして、プレイヤーはそれを前提として楽しんでいたと思います。
ゲームクリアに時間がかかるのは当たり前だったと思います。
パソコンの前に長時間座り、メモを取りながらプレイするのが自然でした。

そういう感覚で最近のゲームを遊ばせていただくと、非常に親切なゲームが多くなったと思います。
メモを取る必要の無い設計と、解りやすい謎解き。
システムも謎解きも、洗練され、更には定型化されてきたように思えます。
またプレイヤー側の好みも、少しの時間で楽しめるものを志向しているように思います。
携帯端末などでプレイする人が増えてきたというのが背景にあるのかもしれません。

この環境の中で生き残っていこうとすれば、環境の変化に順応していくべきでしょうが、
脱出ゲームという環境に関しては、まあ、無理して順応する必要もないかと思っています。
娘も成長し、親切なゲームが増え、脱出ゲーム作成の意義が薄れてきたなら、
そこに固執する必要もないかと思っています。

ということで、脱出ゲーム作成について、ここらで一旦総括したいと思っていて、
その目的のために次回作のテーマを考えています。
脱出ゲーム作成についてなんらか結論を出したいというのが、
只今の私のモチベーションです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

tayuzo-
2012年07月26日 00:40
あばかすで不具合がありましたゆぞう
nyanntyu-
2012年07月26日 00:45
あばかすの最後の等式ができなかった。赤青が30、17とか扱いにくくてもう無理マジ無理。17ってどういうこと?ほんとうに等式は完成するのか?
yokozou
2012年07月26日 00:47
てかげんしすぎた;;
nyanntyu-
2012年07月26日 00:56
すいませんできました。うん、良作、マジ良作。神作だわこれ。では失礼m(_ _)m
tayuzou
2012年07月26日 00:57
不具合ありませんでしたゆぞう
散歩マン
2012年08月04日 11:58
はじめまして。

脱出ゲーム好きが転じて、同じく趣味で脱出ゲームを制作したくなってしまい拙いゲームを公開している脱出ゲームマニアです。以前よりこちらの脱出ゲームも楽しませてもらってます。ありがとうございます。
「あばかす」などとても手が込んでいてオリジナリティもあり脱出製作者として感心する謎解きが多く、「謎を解いたなあ」という脱出ゲーム本来の達成感を味わえるゲームという印象を持っています。同時にとても勉強になります。
とはいっても参考にしたい気持ちはやまやまなんですが、あんまり頭が良くないのでこれまでのところまったく自分のゲーム作りに生かしきれていません。面目ないです。

ゲームの存在は存じていましたが今回初めてブログを拝見させていただきました。文章がとても理路整然としていて読みやすく、漠然と自分が思っていたことを『お父さん』さん(なんだか変な気持ちです・・・)がわかりやすく説明してくれたような感覚にさせていただきました。「謎解きが簡単になった」「定型化した」は本当にその通りだと思います。「短期間でできるものを好むようになった」もそうだと思います。ネット自体が情報の海をひたすら泳ぐような媒体なので、ソフトを買って腰を入れてやるものだったゲームがネット上で数多公開されるようになりそのように変化したのだと思います。
とまあ、このような考えも『お父さん』さんのブログを読んで出てきました。
これからはブログも楽しみにさせて頂きます。

(コメントなにの)長文、失礼いたしました。m(__)m

この記事へのトラックバック