お父さんの作るゲーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「好きなゲームは?」と問われたら・・・

<<   作成日時 : 2011/12/21 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

かっこよく言えば、私は脱出ゲームのクリエイターですが、
それと同時に、多くの作者様の作品を楽しんでいるプレイヤーの一人でもあります。
ゲームを楽しみながら思うのは、(前にも書いたのですが)脱出ゲームは実に単純なゲームであり、
であるからこそ、そこに各作者様のオリジナリティーが、
自然と浮かび上がってきてしまうのだろうということです。

脱出ゲームにも、細かくはいろいろな分類ができるようでして、
絵のきれいなもの、ストーリーの美しいもの、キャラクターの面白いもの・・・
どの分類にもすばらしい作品はあり、それぞれにお気に入りがあるのですが、
しかし、「一番好きな脱出ゲームは?」と問われたならば、
私は、迷うことなく、「 Neutralさんの『RGB』 」と答えます。

私は、Neutral作品の特徴は、「合理的なこと」「絵の美しいこと」「一貫性のあること」、
そしてこれらが「融合」していることだと思っています。
他の作者さんの作品にも、確かに合理的で理不尽さの無い作品はありますし、
すばらしく美しい絵のもの、テーマがまとまってるものはありますが、
それらが互いに結びつき融合している作品というのは、なかなかお目にかかれません。

Neutralさんは、たいへん美しい、センスのいい絵をお描きになりますが、
その「美しい絵」そのものが、「合理的な謎解き」になっており、
そしてその個々の謎が、最終的には全体テーマと結びついていると私には思えます。
私は、融合という意味において、最も典型的な作品が「RGB」ではないかと思っています。

ところがその「RGB」は、Neutral作品の中では意外と低評価のようでして、
私には、それが理解できなく、口惜しく思っていたのですが、
Web上の記事で、ご本人も「RGBが一番気に入っている」というようなことをおっしゃっていまして、
私は、そこに一方的な親近感を感じたりしました。
これがファン心理というものでしょう。

過去の良い作品、そして、新しい良い作品(先日もそれに当たりました)を楽しませていただくと、
プレイヤーとしてより、むしろクリエイターとしての自分に動機付けられます。
良い作品を「良い」と自分が感じ取れるのは何故なのかと思い、
そしてその「良さ」の最もコアな部分を、わずかでも自身の作品に投影したいと思うのです。

上のように書くからといって、次回作が皆さんに喜んでいただけるものになるかどうかは別問題です。
これは私の技量の問題でして、やりたいことを上手く表現するのは難しいと思うのです。
ですが、私は、それでも「良さ」を目指してみたいと思うのです。
結果として訳のわからないことになってしまったとしても、大目に見ていただければうれしいです。

そして納期も・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「好きなゲームは?」と問われたら・・・ お父さんの作るゲーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる