お父さんの作るゲーム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ろぜった」のストーリー(その3)

<<   作成日時 : 2010/09/04 01:03   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「ろぜった」の背景は、前回前々回に書いたとおりでして、
それで、プレーヤーは考古学者「エヴァン」の部屋に閉じ込められたところから始まります。
脱出ゲームのこの理不尽な前提が私は好きです。

考古学者の部屋は、自身が解読した古代文字によって鍵が暗号化されているため、
プレーヤーは脱出するために、古代文字を解読しなければなりません。
古代文字の解読は、
  古代人「ピタ」の遺産・・・石版,塑像,絵画など
  考古学者「エヴァン」の筆跡・・・絵画脇の落書き,メモ
をヒントに類推していくことになります。

ゲーム作成に当たってちょっと気にしたのは、
エヴァンはピタの遺産だけから古代文字を解読できたということです。
ですので、プレーヤーがエヴァンの立場に立って、
ピタの遺産だけから解読が可能となるような情報をゲーム中に用意したかったのです。
それが、ハニワ,碁盤,絵画などです。

しかし、さすがにそれだけでは難しいので、
エヴァンの筆跡を随所に入れました。
ですから判る人にとっては、ヒントが重複している感じになります。
シンプルなシステムを目指したい作者としては、ちょっと気に入らないところです。

たとえば、「ピタモード」「エヴァンモード」というようにモード選択ができ、
「ピタモード」ではエヴァン気分でプレイできるということができたらな、とも思いましたが、
技術的にも精神的にも無理でした。
見切り発車しました。

このブログを読まれた方が再度プレイいただき、
上の点(特にハニワの意味)を感じ取っていただければうれしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ろぜった」のストーリー(その3) お父さんの作るゲーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる